So-net無料ブログ作成
検索選択
話題・その他 ブログトップ
前の5件 | -

”縁”のお話 [話題・その他]

当ブログでもリンクさせていただいている、ねずきちさんのブログにとても良いお話が載っていたのでご紹介させていただきます

++++++++++++++++++

(以下http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1122.html#moreより一部抜粋)
 

「致知」のメルマガに載っていたお話が、日心会MLで紹介されました。
とても素晴らしいお話でしたので、ここでもご紹介したいと思います。


ちなみに「到知」というのは、日本的人間学を追究する出版社で、月刊誌「到知」を発行しています。
ご興味のある方は、↓へ。
http://www.chichi.co.jp/

~~~~~~~~~~~~~
【縁を生かす】

その先生が五年生の担任になった時、
一人、服装が不潔でだらしなく、どうしても好きになれない少年がいた。
中間記録に先生は少年の悪いところばかりを記入するようになっていた。

ある時、少年の一年生からの記録が目に留まった。
「朗らかで、友達が好きで、人にも親切。 勉強もよくでき、将来が楽しみ」
とある。
間違いだ。他の子の記録に違いない。先生はそう思った。

二年生になると、「母親が病気で世話をしなければならず、時々遅刻する」
と書かれていた。

三年生では
「母親の病気が悪くなり、疲れていて、教室で居眠りする」

後半の記録には
「母親が死亡。希望を失い、悲しんでいる」
とあり、四年生になると
「父は生きる意欲を失い、アルコール依存症となり、子どもに暴力をふるう」

先生の胸に激しい痛みが走った。ダメと決めつけていた子が突然、
深い悲しみを生き抜いている生身の人間として自分の前に立ち現れてきたのだ。
先生にとって目を開かれた瞬間であった。

放課後、先生は少年に声をかけた。

「先生は夕方まで教室で仕事をするから、あなたも勉強していかない?
 分からないところは教えてあげるから」

少年は初めて笑顔を見せた。

それから毎日、少年は教室の自分の机で予習復習を熱心に続けた。
授業で少年が初めて手をあげた時、先生に大きな喜びがわき起こった。
少年は自信を持ち始めていた。

クリスマスの午後だった。少年が小さな包みを先生の胸に押しつけてきた。
あとで開けてみると、香水の瓶だった。
亡くなったお母さんが使っていたものに違いない。
先生はその一滴をつけ、夕暮れに少年の家を訪ねた。
雑然とした部屋で独り本を読んでいた少年は、気がつくと飛んできて、
先生の胸に顔を埋めて叫んだ。

「ああ、お母さんの匂い! きょうはすてきなクリスマスだ」

六年生では先生は少年の担任ではなくなった。
卒業の時、先生に少年から一枚のカードが届いた。
「先生は僕のお母さんのようです。
そして、いままで出会った中で一番すばらしい先生でした」

それから六年。またカードが届いた。

「明日は高校の卒業式です。僕は五年生で先生に担当してもらって、
 とても幸せでした。おかげで奨学金をもらって医学部に進学することができます」

十年を経て、またカードがきた。
そこには先生と出会えたことへの感謝と父親に叩かれた体験があるから
患者の痛みが分かる医者になれると記され、こう締めくくられていた。

「僕はよく五年生の時の先生を思い出します。
 あのままだめになってしまう僕を救ってくださった先生を、
 神様のように感じます。
 大人になり、医者になった僕にとって最高の先生は、
 五年生の時に担任してくださった先生です」

そして一年。届いたカードは結婚式の招待状だった。

「母の席に座ってください」

と一行、書き添えられていた。

・。。・゜゜・。。・゜・。。・゜゜・。

本誌連載にご登場の鈴木秀子先生に教わった話である。

たった一年間の担任の先生との縁。
その縁に少年は無限の光を見出し、それを拠り所として、それからの人生を生きた。
ここにこの少年の素晴らしさがある。

人は誰でも無数の縁の中に生きている。
無数の縁に育まれ、人はその人生を開花させていく。
大事なのは、与えられた縁をどう生かすかである。

~~~~~~~~~~~~~~~

転載終了 

++++++++++++++++++

 

私たちは相手の人に対し、ほんの一面を見て ”良い”の”悪い”のなどと言ってしまいがちです。

縁を大切にしていきたいですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人権侵害救済機関設置法案(旧人権擁護法案)って? [話題・その他]

知人からこんなメールをいただきました。一緒に考えてみてください。

「人権を守ることは当たり前のことですが、以前民主党が作成した「人権侵害の救済法案」・自民党の「人権擁護法案」においても懸念されたように、「人権」の美名の基に司法権をも超越した「言論統制機関設置法」となり、国民生活や言論・表現の自由に根底から影響を与えかねない危険性と問題を持っています。そしてこの法案は安易な外国人参政権付与へと繋がる可能性があり、より慎重にすべき問題です。」

*人権擁護法案→人権侵害救済機関設置法案

 

★人権侵害救済機関設置法案(旧人権擁護法案)

・人権侵害救済機関設置で中間報告 あいまい内容で懸念払拭されず (2010.6.22産経新聞) http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100622/plc1006222239034-n1.htm
「なお検討する」などと曖昧な表現に終始
人権委員会:人権侵害の申し立てがあれば立ち入り調査や訴訟参加などの権限を持つ

 

・博士の独り言 http://specialnotes.blog77.fc2.com/tb.php/3578-0321e575
国籍条項を設けない個人の「通報制度」を設け、国民個人の言動や、ひいては、公けの言動までのすべてが監視対象となり、たとえば、「差別」とみなされれば、逮捕される。こうした言論統制と指摘すべき仕組みが日本社会の中に出来上がってしまうことになります。


・銀色の侍魂 日本を崩壊に導く「闇法案」
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/tb.php/581-810924bc
この法案は人権侵害に対し、裁判所の令状なしに家宅捜索できる「特別調査」を認めている。一方で、肝心の「人権侵害」や「差別」の定義はあいまいで、それを判断する人権擁護委員について千葉氏(前法務大臣)は、外国人にも門戸を開きたい考え


・人権擁護法を知っていますか?  ( ニュース掲示板 )
http://aurasoul.mb2.jp/_nws/79.html


・日本会議地方議員連盟HPより

 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-3117.html#more

・【法務委員会】人権擁護法案早期提出へ【城内実 ⇒ 柳田稔】

http://orange-daidai-color.cocolognifty.com/orangeblog/2010/11/post-ea52.html


http://orange-daidai-color.cocolog-nifty.com/orangeblog/2010/11/-----1.html

・ウィキペディア http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E6%93%81%E8%AD%B7%E6%B3%95%E6%A1%88
(注)現在、検討進行中の部分があるため削除されるかもしれません

 

もともと、「基本的人権の尊重」というものがありますよね。

 


新潟、名古屋のチャイナ総領事館移転計画(参議院外交防衛委員会) [話題・その他]

先般取り上げたので、その後、どうなっているのか調べてみました 

自民党、浜田和幸氏(鳥取米子選出1期目)が10月26日、外交防衛委員会で、尖閣諸島の防衛問題、新潟・名古屋の中国領事館の土地購入問題、ODAについてなど、前原大臣に質問をしました。(2人目)

インターネット国会中継 参議院 外交防衛委員会(2010.10.26)http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

 

そのなかでも、領事館の土地購入問題について一部抜粋。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

(1:04:02くらいから)


浜田委員「次ぎにあのー前原大臣にお伺いしますけれども、中国の外務省がですね、えー、日本の国内の土地取得、えー、新潟、えー、万代小学校の跡地5000坪、名古屋元国家公務員宿舎名城(めいじょう)住宅3000坪、これの購入の動きを進めております。目的は、中国の総領事館の敷地、として使いたいということですが、現状を承知されておられますか?」

 

委員長「前原外務大臣」

 

前原外務大臣「今、浜田委員が仰いましたように、名古屋につきましては在名古屋中国総領事館が名古屋市内の国有地購入につき、えー、東海財務局と交渉中であり、えー、今後同じく取得を希望する愛知学院大学との取得面積、ロケーションにつき調整が必要だと、えー、報告を受けております。
ま、新潟につきましては、えー、新潟市の私有地、これは先ほど委員が仰った小学校の跡地でございますけれども、売却につき、現在、在新潟総領事館が関心を示しているということであり、地元住民に対し説明会が行われたと承知をしております。」


委員長「浜田君」

 

浜田委員「えー、先ほど北澤大臣が仰ったように、中国はもはや日本を抜いてですね世界第2の経済大国。2兆5000億ドル、2兆6000億ドルといわれる外貨を持ってるんですね。そう言うお金の力でもって日本の国有財産や、そういう地域のですね土地をどんどん買い占める。
これまでは山林資源ですとか水資源、の売買についていろんな動きがありましたけれども、今はですね、もっともっと範囲が広がり始めている。

特に総領事館の敷地、としてこれだけ広大なですね土地を入手する。
この東京にあるですね、中国大使館より広い土地ですよ。
私も新潟行って来ましたけれども、中国の総領事館、スタッフが領事館員が何人いるかご存じですか?

数十人ですよ。


それで何で5000坪ものですね広大な敷地で総領事館を作る必要があるのでしょうか。それは「何らかの別の意図がある」と勘ぐるというか、推察するっていうのも外務省としてのですね必要な情報収集分析の仕事ではないでしょうか?」


委員長「前原外務大臣」

 

前原外務大臣「まーあの、一般論で申し上げますが、えー、本邦に所在する外交団、領事団がその活動を十分に行うため必要な施設を適当な手段で確保することは、あー、これは望ましいと考えておりますし、また、委員もご承知だと思いますけれども。

領事関係に関するウイーン条約というものの、えー、第30条におきましては「接受国は派遣国が自国の領事機関のために必要な公館を接受国の法令に定めるところにより、接受国の領域内に取得することを容易にし、また、派遣国が取得以外の方法で施設を入手することを助ける」
と、こういうものがございます。
ただまあ、公館という物が領事機関の事務所のみという事にも限定されておりますので、その点をですね、我々としては注目をしてまいりたいと、このように考えております。」


委員長「浜田君」

 

浜田委員「えー、是非注目して頂きたいんですけれども、やはり総領事館や在外の外国の公館、これはその日本が警備責任を持っているんですね。
我が国の税金でもってきちんと警備をする。そう言うことになりますとですね、例えば新潟の場合、今は朱鷺(とき)メッセのビルの中にロシアの大使館も韓国の大使館も、あー、総領事館もみんな一緒に入っている。何ら問題ないわけですよね。そこを、何故5000坪の土地をですね、その領事活動のために必要なのか。先ほど仰った必要なですね活動に対して支援するのは当然ですけれども。
一体その何故そんな広大な土地が必要なのか。
地域住民に対する説明が行われたと仰いましたけれども、地域の住民は大変な不安を持っています。反対運動も起こっています。そういう状況、現状をどういう具合にですね打破するのかお考えですか?」

委員長「前原外務大臣」


前原外務大臣「先ほど答弁をさせて頂きました様に、えー、この領事関係に関するウイーン条約というものは、まあ手助けをするというのはありますが、領事機関のため必要な公館というのは領事機関の事務所のみと言うことになっておりますし、またそう言った観点からですね、えー、本当に必要以上の物について入手をする事が妥当なのかどうなのかと、ま、いったところも判断の材料に考慮されるべきであると思っております。まあ先ほどご答弁した通りでございますが、えー、この動きについてはしっかりと注目をしてまいりたいと考えております。」

委員長「浜田君」


浜田委員「えー、是非お願いします。あのー、先に沖縄にですね中国が総領事館を申請した時にはキッパリとですね在日米軍基地との関係もあって拒否をしましたですね、そう言う姿勢必要だと思います。(以下省略)」

 

*2010.10.26 http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php より
インターネット国会中継、参議院、外交防衛委員会、自民党浜田和幸氏

~~~~~~~~~~~~~~~~

ふ~、 

10年後20年後あるいはもっと先のことを考えていっていただきたいですね

一時的な地域活性化にはなるかもしれません。

長期的には?

既存のものではなく、独自の斬新なものや、古き良きものごとをアレンジするなど日本ならではのものは考えられないだろうか。楽に既存のものに乗るだけでは長続きはしないと思う。地域の活性化をしたいのならば、けっこう”昔は〇〇だったよ。こんなだったよ”と熟年の方が若い世代の方に伝え、聞いた若年者たちが現代に合うようにアレンジするなどし、現実化していく。ということが良いのではないかと思う。

年を重ねたかたには知恵がある。

若い人には、行動、力がある。

どちらも大切!

 

<参考> 

新潟のほうは、市民でも知らない方も多いもようです。総領事館移転問題とチャイナタウン構想があるということを知らせることと、反対派の方の署名を集める活動がでています。

ご興味のある方、チラシや署名用紙などはこちらにアップされています。

http://miida.cocolog-nifty.com/nattou/

中国総領事館移転に関する説明会の実録の音源がニコニコ動画にアップされているもようです

 

名古屋は

名古屋総領事館移転計画
http://ameblo.jp/000hime/entry-10672423393.html (ひめルーム)

 


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

農業ビジネスが増えつつあります [話題・その他]

電車のつり広告で、週間ダイヤモンド誌で農業ビジネスの特集の広告を見た

ちょっと、調べてみました

 

今までも、家庭菜園や米作り、野菜作りなどを趣味でやっている方が増えてきた

芸能人の方で、農業を始めた方も増えてきた

日本の農産物の自給率の低下の問題で

昨年、自民党政権の時に改正農地法が通り、2009年12月15日から施行された

 今までは戦後のGHQが作った法律が使われてきた

農業は地主がやるものだったが、一部改正されて、貸付等も可能になった

大手企業も興味を示し、参入を始めている

「農地が荒らされる」という方もいらっしゃるようだが、使わなくて荒れてしまった土地も多くあると思う。新しい考え方やアイデアでも可能性が広がると思う。

 

 農業を始める人たちの記事

【菅原文太さん山梨農業コーディネーターに】http://sankei.jp.msn.com/region/chubu/yamanashi/091016/ymn0910161753003-n1.htm

【イケテル農業】http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090602/trd0906020814001-n1.htm
モデルさんなど、楽しみながらダイエット組や婚活にというノリ

【日本の食を守れ】http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090522/biz0905221446011-n1.htm
女性の生み育てる力を

農業ビジネススクールもあるんだね。


<2009年12月15日施行>
改正農地法概要http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%B2%E5%9C%B0%E6%B3%95(ウィキぺディアより)
改正農地法概要(PDF)http://www.jacom.or.jp/news/pdf/nous090629pdf01.pdf
持ち主=事業主から農地を貸しやすくすることや、農地の減少を食い止めるなど


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

赤ちゃんゾウの趣味は [話題・その他]

シドニーの動物園の生後4ヶ月の赤ちゃんゾウは

サッカー水泳が好き

無邪気に遊ぶ姿は可愛いです


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の5件 | - 話題・その他 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。